大学院生の部屋

 

2011年度国際学研究科(学年別五十音順)

  

博士後期課程

 

舘野 治信(たての はるのぶ)

栃木県上三川町出身の社会人学生です。電機メーカーを定年退職し、地域社会に興味をもち、入学しました。

研究テーマは「地域コミュニティに関わるアクター」です。これから、大いに苦しみ・楽しむ予定です。

 

博士前期課程2年生

 

笠井 卓幸(かさい たかゆき)

栃木県那珂川町出身の社会人学生です。普段は役所勤務という御縁もあって、行政学研究室にお世話になっておりますが、行政だけにこだわらず幅広い分野について学んで行きたいと考えております。

日々黙々と練習に励むアスリートのように、国際学研究科を知的鍛錬の場として、脳に汗かくトレーニングを積んで参る所存であります。

 

坂本 正昭(さかもと まさあき)

栃木県足利市出身・在住の社会人学生です。職業に関連して、基礎自治体のサステナビリティを追求した研究を行っています。国際交流担当のセクションに所属していた経験もあり、国際交流や国際文化についても広く学んで行きたいです。趣味は、スイミング、謡、バイクツーリングです。

 

陳 懐宇(チン カイウ)


中国黒竜江省大慶市出身。中国のハルビン理工大学外国語学部日本語学科卒業。

研究テーマは「中国石油企業の海外進出をめぐる研究―大慶油田有限公司の事業展開を中心に」です

今、コツコツ修士論文を書いています。

 


博士前期課程1年生

 

南 勇文(ナン ユウブン)

中国黒竜江省哈爾浜市出身の留学生です。哈爾浜商業大学・財政と公共管理学部・行政管理学科卒業。

研究方向は中国食品安全体制研究です。これから、2年の留学生活を楽しみ、研究を行う予定です。

 

白 宝花(ハク ホウカ)

 中国内モンゴル通遼出身の留学生です。内モンゴル民族大学、政治と歴史学部、政治教育学科卒業。

 研究テーマは中日大学ガバナンスの比較研究---大学経営協議会の機能に注目して---⏌です。

 これからよく勉強して、楽しみに院生生活を行う予定です。

 

 

昨年度まで掲載の「大学院生の部屋」はこちら

 

<戻る>